交易の仕事に就く為の要点

女性

求められるスキルとは

貿易事務と耳にすると英語が必須と考える人が大半といえます。会社によりますが、総じて貿易事務において英語は必要とされます。 レベルは英検2級くらい、TOEIC600前後以上になります。 このくらいであればシンプルなEメールや電話で現場とのコミュニケーションができるでしょう。原則的な日常会話クラスが出来ていれば、専門用語などは勤務を続けながら補足できるのでそれほど心配することは必要ありません。原則的に英語が入り用といわれても基本はEメールが主流となります。 しかしながら、メールによって伝わらないケースや、緊急の場合に電話を入れて確かめることになるので英語に免疫がないケースでは困難を伴います。 それに加えて、外資系の会社であったり外国とのコミュニケーションが中心業務の場合は会社から別途英語レベルが要求されることになります。貿易事務を望むならそれなりの覚悟が必要です。 具体的には、専門的な知識を学習する覚悟です。 ほかの候補者に打ち勝つにはしかるべきアピールが求められます。 事務のキャリアを持っている場合、会社に対して事務処理の能力の卓越性をアピールすることが重要になります。 スピーディーかつきめ細かく高度な仕事ができるということを具体例をベースにしてアピールすることが重要になります。求人している業種の仕事内容をあらかじめしっかりと確認し、過去の事務経験で学んだスキルがどのように貿易事務に応用できるかをアピールすることが出来れば十分です。